東大和市南街の歯医者 歯科医院のあみのデンタルクリニックです。東大和の歯周病 口腔外科 入れ歯 小児歯科 審美 ホワイト二ングは当医院へどうぞ。

院内感染予防

徹底した院内感染予防対策

当院の院内感染予防対策

現在、エイズやB型・C型肝炎等の感染症は多くの日本人が感染しており、社会問題にもなっています。歯科治療は、唾液や血液が必ず器具に付着するため、感染の危険があります。
しかし、歯を削るタービンという器具の減菌はコストや手間がかかるため、驚く事にほとんどの歯科医院では減菌は行われておらずアルコールで拭くのみです。
(正確な調査ではありませんが、現在、日本で患者さんごとにタービンの減菌を行っている歯科医院は、約14%のみだそうです。HP上でも「タービンの減菌」については多くに歯科医院で触れられていません。)
つまり、ほとんどの歯科医院が、タービンを使いまわし続けていることになります。
不十分な減菌は、医療の信用問題にかかわります。現実に集団感染などの問題が起きている以上、アルコール消毒だけはとても安全とはいえません。

そこで、自分が受けたいと思う安心・安全な歯科医院になるためには減菌に力を入れることが必要不可欠であると考えました。

当院ではドイツ、Sirona社製の減菌器DACユニバーサルを使用することにより、歯などを削る器具(タービン、エンジンなど)を常に清潔に保っております。
さらにこの器具、内部の複雑性から手作業による内部洗浄は困難なのですが、DACユニバーサルによる減菌の大きな特徴に「バックフラッシュ」という工程があります。
これは、飽和蒸気を器具内部に強制通気させるシステムです。
これにより、外部だけでなく内部も確実に減菌することができます。
使用した器具内部に必ず付着する血液、細菌、ウイルスなどを高温で減菌することによって、厳しいヨーロッパ基準と同じ衛生環境のもと、安心・安全な歯科治療を提供致します。

患者様ごとに使用する器具の減菌

1人分の器具を減菌バックに入れてオートクレーブ(高圧蒸気減菌器)にかけます。
使用直前に患者様の目の前で減菌バックから取り出しますので安心して治療を受けられます。
頻繁に使用しない外科器具などは同様にオートクレーブにて減菌後、殺菌灯付きのケースの中に保管しています。

マジックボール(受付、待合室)

「インテリア」としてだけでなく、「空気をデザインする」という、新しいライフスタイルを演出する、それがantibac2Kのマジックボールです。
「除菌」「消臭」「香り」の3つのキーワードに対するチカラを秘めながらも、あなたのお気に入りの空間に溶け込む洗練された球体フォルムと、美しい素材感による個性的で優しいデザインは、いつもそこに置いておきたい存在に。
Antibac Laboratories Pte.Ltd(シンガポール)とEvonik Goldshmidt GmbH(ドイツ)との共同開発により実現した、「ミストで空気を洗う」という新発想の空気洗浄システム。
空気中に浮遊するウイルス、細菌や悪臭の元をカプセルに閉じ込めてしまう「カプセル化の技術」、そして同時に放たれる「香り」で安らぎや爽快感を演出し、あなたの大切なライフスタイルを心地よいものへと誘います。(マジックボールHPより)

空気洗浄機(診察室)

CMなどでおなじみSHARP社製「プラズマクラスター」は、空気洗浄機能+プラズマクラスターイオンの発生器です。
医院内の空気をきれいに、臭いを分解除去、浮遊する菌やウィルスを分解・除菌します。

│   TOP   │   HOME   │